アルファーム

メニュー

閉じる

 SEO対策 

検索エンジンから、
アクセスを呼び込むために。

SEO対策

SEO(検索エンジン対策)とは

Webサイトを訪れるユーザーの80%が、検索エンジンの検索結果からアクセスしてくるといわれています。そのアクセス数を増やすために不可欠となるのが、SEO対策です。SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、日本語に訳すと「検索エンジン最適化」となります。
SEOではサイトの目的に合ったキーワードで、検索エンジンの上位表示を狙います。上位表示とは、なるべく1ページ目(10件以内)にサイトを表示させることです。外的な条件に左右される検索エンジン上では、絶対的な順位を約束はできませんが、地道に取り組めば順位を向上させることができます。

SEOの現状について

日本で利用されている検索エンジンは、よく知られている通り、Yahoo!JapanとGoogleが大勢を占めています。そして、Yahoo!JapanはGoogleの検索エンジンを使用していますから、基本的にはGoogle対策をしっかりとすれはいいことになります。

キーワード選定について

キーワードにはビッグキーワードとスモールキーワードの2種類があります。 ビッグキーワードは、一般的なひとつの単語です。例えば、「バナナ」「ダイエット」などです。ビッグキーワードでは、大量のホームページが検索対象になりますので、上位表示されるのは大変です。スモールキーワードは、「バナナプリン」「耳つぼダイエット」などのように、もっと絞り込まれた特定の言葉で、ビッグキーワードに比べれば、検索対象のサイトも少なくなりますので、上位表示されやすくなります。
また、キーワードは二文字以上を組み合わせて検索されることが多いので、地域を限定される場合は「キーワード+地域名」、通販サイトならば「キーワード+通販」「キーワード+おすすめ」などの言葉が効果的です。

SEOの内部対策と外部対策

SEO対策には、サイトの作り方そのものを検索エンジンに適合化する内部対策と、検索エンジンに登録したり、外のサイトやリンク集からリンクをもらう外部対策があります。 内部対策については、最初からキーワードを意識しながらコンテンツを作成することが大切です。 選定したキーワードを使って、ページタイトルやメタタグ、見出(h1~h3)の他、BODYタグの中にも反映します。その際には、キーワードを並べるだけではだめで、ユーザー(人)と検索エンジン(プログラム)の両方に好かれるように、限られた文字数を使って効果的な文にする必要があります。
内部対策をしっかり施してホームページを公開したら、今度は外部対策を対策していきます。 外部対策は広範に及びますので、Yahoo!JapanやGoogle、Bingに掲載申請するなど、最も基本的な事から優先的に進めていく必要があります。その次に、お客様のお仕事の業種や営業地域に関係のあるポータルサイトやリンク集に、掲載依頼をしていきます。

アルファームのSEO対策

アルファームでは、Webサイトの制作時に基本的なSEO対策を施します。これで初期段階としてはOKですが、時間が経つにつれ、インターネット環境やライバルサイトの状況は変わっていきますし、互いに激しく競争していますから、最初だけで済むほど甘くはないと考えています。 例えば半年後に、追加のSEO対策をご依頼いただければ、検索エンジン上の順位を確認して、更なる対策を施すことができます。 サイトを制作してしばらくしたら、SEOの追加対策もぜひご検討ください。

ページトップへ